ダメージの悩み

枝毛をなくすセルフケアの方法!原因と対策5つポイント【今日から実践出来ます】

枝毛をいじる女性

髪の毛のダメージって、一番初めに何が思い浮かびます?

一番初めに認識した髪のダメージって何だったか覚えていますか?

「あ、この髪の毛傷んでいるのかな?」と一番初めに思うのは枝毛だと思います。

一番有名っていってもいい髪の毛のダメージ代表格ですよね。

枝毛をなくす方法…原因を追求しましょう

 

枝毛は髪の毛のダメージによって起こります。

髪の毛の一番外側「キューティクル」が壊れてしまった状態のせいで、髪の毛が水分や栄養を保持できない状態の結果の一つとして、枝毛が発生します。

girl
髪の毛が枝毛だらけ。。原因と具体的な対策を現役美容師が教えます!髪の毛が枝毛だらけになってしまった方へ現役美容師が徹底的にケアの方法をレクチャーしていきます。改善するためにはまず原因を知ることが大事です。細かく説明していきますので是非ご覧ください!...

じゃあ、髪の毛にダメージを与えなければいい。

けれど、どうしても髪の毛って、普通に生活しているだけでダメージを受けやすいんです(泣)。

これが枝毛が出来る原因。。

無くす方法を調べましたのでぜひ!

1.パーマやカラーなどでダメージを受けちゃう。

パーマもカラーも結構強い薬を使って、髪の毛形や色を変えていきます。

結構特殊な臭いの薬を髪の毛にかけた後、美容師さんが「しみませんか~?」って聞きますよね?頭皮にもですが、髪の毛にも相当のダメージがあるものです。

パーマ・カラー剤はアルカリ剤になりますのでどうしてもダメージは避けられません。。

2.ドライヤーやアイロンなどの熱がダメージにつながっちゃう。

高温の熱が頭皮はもちろん、髪の毛にもダメージを与えてしまいます。

每日のことですので、どうにかケアしましょう。。。

ということで、ホームケアが無いという方はこちらをまずは御覧ください。

https://ideal-hairsalon.com/1589.html

 

3.紫外線がダメージを与えちゃう。

UVが肌に有害なのはもう当たり前ですが、髪の毛には日焼け止めがないですもんね。

日焼けした髪の毛は水分も失いやすいので、ぱっさぱっさになってしまいます。

4.生活リズムが整っていないことが、髪の毛に栄養が届かない原因に!

ご存知の通り、髪の毛は頭皮から生えています。

つまり、頭皮にきちんと栄養が行っていないと、髪の毛も栄養がない状態となりますね。

 

  •  ダイエットによる栄養の偏り
  •  夜遅くまで起きてしまっている
  •  ストレスを抱えている

 

上記のことに思い当たる方は、髪の毛があなたにSOSを出しているのかもしれません。特に働く女性って、このあたり、ものすご~~~く身近ですよね…。

 

これからの枝毛をなくすための5つの方法

 

 

枝毛はできてしまう前に、その対策を取るのがベターです。

つまり「枝毛を作らない」を心がけましょう。

では、枝毛を作らないために、今日から実践できる5つの方法を見てみましょう♪

 

1.パーマやカラーなどを控えてみる。

パーマは朝のスタイリングを簡単にしてくれるし、カラーを入れれば、髪の毛がパッと軽やかに明るくなりますよね。わたしもついつい、美容院でお願いします。

けれど、枝毛などを見つけたら、施術前に美容師さんに相談してみましょう。

また、カラーリングシャンプーという、頭皮にも髪にも優しいものがあります。

枝毛を見つけたら、頭皮からのSOSと思い、少し慎重になってもいいのかもしれませね。

2.ドライヤーやアイロンなどの熱を最低限に!

高温の熱が髪の毛のキューティクルを破壊するだけではなく、水分も奪ってしまいます。

髪の毛のセットには欠かせない、ドライヤーとアイロンですが、髪の毛を傷めるまでやってしまうと、髪の毛が焼けて枝毛になってしまいます。

セット剤を使う、(ドライヤーでは)髪の毛から離して使うなどして、髪の毛へのダメージを最低限に抑えることがベターです。

 

またお風呂上りに髪の毛を乾かすためにドライヤーを使う時も同じです。

美容師さんが髪の毛を乾かしてくれる時、ドライヤーが結構離れているのと、手をうまく使って手早く乾くようにしてくれますね。

プロの技を見て自分のものにするのは難しいかもしれませんが、あのコツをつかみましょう。

しっかり乾かすことで枝毛が出来づらくなります。

 

3.UV防止=髪を日焼けから守る。

髪の毛を日焼けから守るって、あまり聞きませんね~。UVケアといったら、顔や腕、首というように皮膚にするものというイメージですよね。

けれど、UVを一番浴びやすいのは、一番高い場所にある頭皮や髪の毛ですね。

結構紫外線も枝毛の原因になりやすいです。

防止や日傘などで、積極的にUVを回避しましょう。UVクリームは塗れなくても、最近ではUVスプレーという商品もあり、帽子や日傘が難しい場合も、UVは回避しやすくなっています。

あなたのスタイルに合った、ケアを選んでくださいね♪

TOKIOインカラミシャンプー
TOKIOインカラミトリートメントのホームケアシャンプートリートメント【IE】が神。家での最強のヘアケアtokioインカラミホームケア【IE】シリーズ。シャンプー選びに困っている方は絶対コレ!業界最高峰のtokioインカラミのシャンプーを詳しく解説します!...

4.物理的摩擦によるキューティクルの破壊を防止する。

シャンプー後、タオルでごしごし→タオルでポンポンに変えるだけで、随分と摩擦によるキューティクルのダメージは抑えられ枝毛防止につながります。

お風呂上りって結構忙しいですよね。だから、ついつい急いで、タオルでごしごししちゃいます。それをタオルで優しくぽんぽんっとするようにと変えましょう。

それから眠っている時に、シーツやピローケースでどうしても摩擦って起きてしまうものです。

髪の毛が長い方は、シュシュで髪の毛を軽くまとめて寝る方法がお勧めです。絡まりも防げますよね♪

また、あまりお店で売っているのを見たことはないのですが、ナイトキャップは摩擦だけでなく、空調からの乾燥も防いでくれるのでお勧めです♪ただ、蒸れが怖いので、通気性のいいものを選んでくださいね。

5.生活リズムを整えることで、髪の毛を健康的にキープする。

髪の毛はいわば健康を示すバロメーターの一つです。

刑事ドラマで、「被害者の髪の毛の分析をしたら、毒が検出された」っていうのを聞いたことがありませんか?つまり食生活がダイレクトに出てしまう、それが髪の毛です。

無理な食事制限ダイエットや生活スタイルの崩れ、ストレスなどの心的要因で頭皮が血行不足だったり、栄養になったりしてしまうと、髪の毛に当然影響が出てきます。

バランスのとれた食事や、良質な睡眠、ゆったりとした時間…。これって自分をいたわることにもつながりますね。自分を大事にする毎日は、自分自身だけでなく、髪の毛にもいい影響を与えてくれます♪

コレも枝毛をなくすには最適です。

もうすでにできてしまった枝毛をなくす方法

傷んだ髪

 

完全にできてしまった枝毛はもう元に戻ることがないです。

つまり、傷んでしまった部分は切ってしまうしかないわけですね。

美容師さんに切ってもらうのもいいですが、枝毛だけのために美容院に行くのもな~という方はセルフカットをしたい方もいるのではないでしょうか?

けれど、セルフカットって難しそうですよね…。

girl
髪の毛が枝毛だらけ。。原因と具体的な対策を現役美容師が教えます!髪の毛が枝毛だらけになってしまった方へ現役美容師が徹底的にケアの方法をレクチャーしていきます。改善するためにはまず原因を知ることが大事です。細かく説明していきますので是非ご覧ください!...

こちらは、ご自分でセルフカットされている方の動画です。

解りやすく説明してくださっているのでお勧めです。

毛先をそろえるためにセルフカットしたいという方は、ぜひ参考にされて下さいね。

この動画を美容師の僕が公開するのもどうかと思いますが。。。

 

いかがでしたか?

 

 

 まとめ

 

  •  枝毛ができるのはダメージによるもので、ダメージには色々な原因がある。
  •  でも、枝毛は、きちんと自分自身の日々のケアで「防止」できる。
  •  できてしまった枝毛は、残念だけど切ってしまうしかない。

でした。

 

 

『こんなツルツルな髪今まで触ったことない。。。』この様な声を多く頂きます。

IDEALオリジナル髪質改善美髪メニュー

毎月100人以上が美髪を実感!【髪質改善美髪メニュー】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です