人気ヘアスタイル

髪の毛濡れたまま寝るのはNG? 髪質改善のプロが徹底解説!!

髪 濡れたまま寝る

今まで10万人以上の髪に触れてきた髪質改善を専門とする美容院IDEALオーナー久保真介が「髪質に悩むお客様」の為に考案した

『天使の髪質改善』

毎月200名以上のお客様が強くしなやかな艶髪を叶えています...。

『誰もが憧れる艷やかな美髪...取り戻しませんか?』

IDEALオリジナル『天使の髪質改善』メニューを見てみる  

「今日はもう疲れたし、ドライヤーしてないけどもういっかな・・・」

疲れてシャンプーするのが精一杯、もう乾かさないで寝ちゃおうかなって日も時にはあると思います。

 

SIN
SIN
ロングヘアだとドライって、正直結構めんどくさいですよね・・・

 

あいでぃー
あいでぃー
時間かかるしな。 そう思う日があっても無理はないよな。。。

 

でも、「髪が濡れたまま寝るのは良くない」って話も聞いたことがないでしょうか?

実際のところどうなのか、気になるところですよね!

そこで今回は「髪が濡れたまま寝るとどうなるのか」について以下の通り解説していきましょう。

 

 

SIN
SIN
美容師歴20年以上、髪質改善美容室IDEAL代表を務める僕がプロとして日本一詳しく解説致します!

 

あいでぃー
あいでぃー
しっかり頼むよ!

1.髪が濡れたまま寝るのはNG!髪と頭皮への悪影響

 

まず結論から言いまして、髪が濡れたまま寝てしまうのは髪にも頭皮にもよくありません

面倒ではありますが、基本的に乾かさないでいるのは絶対NGです!

髪が濡れたままでいたり、ましてやそのまま寝てしまうと髪や頭皮に以下のようなデメリットがあります。

 

  • 髪へのダメージ
  • 頭皮環境の悪化
  • カラーやパーマ、トリートメントの持ちが悪くなる
  • 寝癖もつきやすくなります

 

SIN
SIN
それに言うまでもないですが、風邪を引きやすくなるなどの悪影響もあります。

 

あいでぃー
あいでぃー
思ったより影響が大きいな・・・ これからはすぐ髪は乾かそっと!

 

SIN
SIN
(あいでぃーってそもそも髪あったんだ。。。)

 

では、詳しく解説していきましょう。

2. 濡れたままでいることによる髪へのダメージ

 

シャンプーして髪が濡れたまま乾かさないでいると、髪はダメージを受けてしまいます。

 

  • (1) 摩擦によるダメージの増加
  • (2) 自然乾燥時に水分が奪われる

 

(1) 摩擦によるダメージの増加

濡れたままの髪はキューティクルが柔らかくなり、デリケートな状態になっています。

 

こんな状態で摩擦が加わると、キューティクルがめくれたり剥がれ落ちてしまったりといったダメージを大きく受けてしまいます。

 

そんな痛みやすい濡れた状態で寝てしまえば、髪どうしや髪と枕との摩擦でキューティクルがかなり痛んでしまうわけです。必ず寝る前には髪を乾かすようにしましょう。

 

また、特にかなりのダメージ毛の場合だと、濡れるとテロンテロンに柔らかくなってしまう「水軟化」という現象を起こします

水軟化した髪は引っ張ると伸びる性質があって切れやすいため、これ以上ダメージを進行させないためにもすぐ乾かすようにしましょう

(2) 自然乾燥時に水分が奪われる

髪が自然乾燥するとき、髪が本来内部に保水しておくべき水分まで一緒に奪われてしまい、オーバードライ気味な状態になってしまいます

特にダメージ毛の場合この影響が大きく、自然乾燥を続けているとダメージが進行してパサパサの髪になってしまいます。

 

SIN
SIN
以上の通り、髪が濡れたままでいると髪には悪影響でダメージを受けてしまいますので、すぐ乾かすようにしましょう!

 

でも、髪を乾かさないデメリットは髪だけに限ったことではないのです・・・!

3. 濡れたままでいると頭皮環境も悪くなる

頭皮環境悪い

髪が濡れたまま乾かさないでいると、髪だけでなく頭皮環境にも大きな悪影響があります。

 

  • (1) 頭皮に雑菌などが繁殖してしまう
  • (2) 頭皮が乾燥しすぎてしまう
  • (3) 頭皮温度が下がる

 

(1) 雑菌が繁殖する

髪が濡れたまま放置していると頭皮が蒸れてしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

SIN
SIN
干し忘れて洗濯機に置きっぱなしになってしまったタオルや洋服を想像してみてもらえればわかるかと思います・・・

 

雑菌が繁殖すると頭皮の匂いの原因となってしまいます。 それだけではなく、酷い場合は痒みや炎症につながってしまうこともあります。

 

特に濡れたまま寝てしまえば枕との間で余計に蒸れて雑菌も増えてしまい、もっと頭皮環境は悪くなってしまうのです

雑菌だけでなく頭皮にカビが生えてしまうことすらありますので、濡れたまま寝るのは絶対にやめるようにしましょう。

 

あいでぃー
あいでぃー
頭皮にカビ!? こわっ! ぜったい嫌だ!!

 

SIN
SIN
ちなみにですが、濡れたまま寝るのと同様にタオルターバンも同じ状況を作ってしまいます。 タオルターバンをやっていた方はやめるようにしましょう!

 

(2) 頭皮が乾燥しすぎてしまう

髪と同様、自然乾燥だと蒸発時に頭皮の保水されている水分も奪われてしまい、頭皮も乾燥してしまいます。

乾燥のしすぎは乾燥性のフケの原因となったり、あるいは必要以上に頭皮の油が分泌される原因となったりしてしまいます。

(3) 頭皮温度が下がってしまう

水分が自然乾燥で蒸発するときに熱が奪われ、頭皮温度が下がってしまいます。

頭皮温度が下がれば頭皮の血行が悪くなり、薄毛や髪質悪化の原因となってしまうことも。

また当然ながら頭が寒ければ風邪をひきやすくなったりの影響もありますので、シャンプー後はすぐ乾かすことを習慣づけましょう。

 

SIN
SIN
この通り、髪だけでなく頭皮にも悪影響が大きいわけです!

 

あいでぃー
あいでぃー
けっこうデメリット大きいんだな。。。泣

 

SIN
SIN
面倒ですが、乾かさないとダメなんですね。

 

4. カラーやパーマ、トリートメントも落ちてしまう

 

髪を乾かさないでいることのデメリットは、髪のダメージや頭皮環境の悪化にとどまりません。

 

美容室でせっかく仕上げてもらったカラーやパーマ、あるいはサロントリートメントのもちを悪くすることにもつながってしまいます。

 

濡れたままの髪は先ほどお伝えした通り、キューティクルが柔らかくなり、開きやすくなった状態です。

このままの状態でいると単純に、せっかく入れたカラー剤の色素やトリートメント成分が髪から抜け落ちてしまうのです。

また、もっと髪の内部まで見てみると、濡れている状態では髪を支えている4つの結合のうち、水素結合という結合が切れてしまっています。 (だから髪が柔らかくなるのです)

水素結合が切れてしまうとパーマや縮毛矯正で固定した形から元に戻ろうとする力が働きやすくなり、少しずつパーマや縮毛矯正で作った形から元に戻っていってしまいます。

このように、濡れたまま乾かさない時間が長くなってしまうとせっかくのカラーやパーマ、縮毛矯正、サロントリートメントの効果が早く落ちてしまうのです。

5. 濡れたまま寝ると寝癖もつきやすくなる

寝ぐせ

 

最後にもうひとつデメリットを挙げると、濡れたまま寝てしまうと寝グセが付きやすくなるんです

これには先ほどお伝えした水素結合が関わっています。

髪が濡れたままで寝ていると、髪内部では水素結合が切れた状態で寝ているわけです。

そして寝ているうちに自然乾燥して水素結合が再結合されれば、そのときの形がクセ付いてしまうのです!

だから濡れたまま寝ると寝グセがつきやすくなるのです。

6. よりスピーディーにしっかり乾かすには? 正しいドライヤーの方法

 

以上見てきた通り、髪が濡れたまま放置してしまったり、ましてやそのまま寝てしまうと髪と頭皮に大きな悪影響があることがわかりましたね!!

 

SIN
SIN
思っているよりデメリットが多くて驚いた人も多いかも知れませんね。

 

あいでぃー
あいでぃー
ほんとだよ・・・・泣 でも、ドライヤー時間かかって面倒くさいんだよなぁ・・・

 

SIN
SIN
それは本当そうですよね。。。それじゃあ、少しでもスピーディーに、そしてより痛ませずにドライできるよう、正しいドライヤーの使い方を解説しておきましょう!

 

ということで、続いて濡れた髪の正しい乾かし方を解説いたします!

 

  1. 正しいタオルドライの仕方
  2. ドライヤー前の準備
  3. 正しいドライヤーの使い方
  4. スピーディーに乾かすコツ

 

(1) 正しいタオルドライの仕方

タオルドライで注意したいポイントは、タオルでゴシゴシと拭かないことです!

これをやってしまうと、濡れた状態のデリケートな髪の毛を強く摩擦してしまい、キューティクルを痛めてしまいます。

 

髪の根本はタオルでポンポン押すようにして水分を取り、中間から毛先はタオルで挟み込むようにして水分を取っていきましょう!

 

(2) ドライヤー前にコーミングとアウトバストリートメントをしておこう

「タオルで拭いたし、早速ドライヤー!」と言いたいところですが、その前に少しやるべきことがあります。

タオルドライで水分をある程度とることができたら、乾かす前にコーミングとアウトバストリートメントをするようにしましょう!

 

絡まった毛を毛先から順番にほぐすようにして、コーミングは優しく行います。

その後オイルなどのアウトバストリートメントをつけることで髪をドライヤーの熱から守ることができる上、寝るときの摩擦も軽減できます。

 

これをするかしないかだけでもヘアケアのクオリティがかなり変わります。

コーミングは少し面倒に思うかも知れませんが、美しい髪を保つためにぜひ行うようにしましょう!

(3) 正しいドライヤーの使い方

それではいよいよドライヤーです! 以下のポイントに気をつけてドライを行いましょう!

 

  • 乾きにくいえりあし根本と耳の裏あたりを先に乾かす
  • 基本的に内側・根本を先に乾かす
  • ドライヤーの風は根本から毛先に向かって当てる
  • 反対の手で手ぐしをしながら乾かす
  • 同じ箇所に温風を当て続けず、ドライヤーを軽く振りながらドライする
  • 9割程度乾燥したら最後は冷風にして髪の温度を下げておく

 

根本から乾かすことで頭皮付近を先に乾かすことができるので、頭皮への悪影響を避けることができます。

また、ドライ時間全体を短縮するために乾きにくいところを先に乾かしておくようにしましょう。

ドライヤーを振りながら使ったり、手ぐしをしながら乾かすことで、髪が高温になり過ぎたりオーバードライになってしまうことを防ぐことができます。

そして最後に冷風を使うとキューティクルを引き締める効果があるのでツヤが生まれ、おすすめです

 

SIN
SIN
ドライヤーの使い方を詳しく知りたい方は、以下の動画がよくまとまっていたので見てみると良いでしょう!!

 

 

(4) スピーティーに乾かすコツ

最後に、面倒なドライヤーを少しでも素早く終える方法をお伝えします!

それは、手ぐしの代わりに反対の手でタオルを当てながら乾かすことです!!

タオルに水分が吸い取られながらドライできますので、かなりドライ時間を短縮できます

ぜひ試してみてください!

まとめ

以上、髪が濡れたままでいたり、濡れたまま寝てしまうことのデメリットや、正しいドライヤーの使い方について詳しく解説いたしました。

今回の要点をおさらいしておきましょう!

 

 

以上の通り、髪が濡れたままでいるとデメリットが大きいので、面倒でも寝る前には必ず乾かすようにしましょう!

もしこれまでずっと濡れたまま寝てしまっていたりしていたなら、きっと髪の毛も痛んでしまっているはずです。

日頃のケアをしっかりしたり、ダメージがひどいならサロントリートメントをしてもらって、早めに補修してダメージの進行を食い止めておきましょう!

美容室のトリートメント 効果
美容室のトリートメントメニューって本当に効果ある!? 自宅ケアとの違い・メリット・デメリット美容室で行うサロントリートメントと自宅で行うホームトリートメントが実際のところどれくらい違うのか、徹底解説いたしました。また、サロントリートメントのメリット・デメリット、ホームケア商品の特徴なども髪質改善のプロがわかりやすくまとめています。...
『こんなツルツルな髪今まで触ったことない。。。』この様な声を多く頂きます。

IDEAL美容室の【髪質改善メニュー】は
美容業界・世界中でも絶賛・話題沸騰!!

髪質改善で艶々サラサラの髪を手に入れる

『tokioインカラミトリートメント』

の効果を最大限に引き出す他にはない

『オリジナル施術!!』

 

 

高田馬場IDEAL美容室は全国でも数少ない

TOKIOトリートメントテクニカル認定サロン

 

 

研究を重ねた独自のオリジナル施術で、tokioトリートメント効果を引き上げるIDEAL美容室のオリジナル施術をぜひ体験して下さい!

 

 

高田馬場IDEAL美容室オリジナル施術の髪質改善TOKIOトリートメントケアメニュー

『リピーター殺到!』毎月200名以上のお客様が美髪を実感!高田馬場IDEAL美容室オリジナル施術【髪質改善TOKIOトリートメントメニュー】を見てみる

 

高田馬場IDEALでは、お客様のダメージや髪質の悩みを解消して頂けるよう、tokioトリートメントの他にも

[くせ毛・チリつき・うねり]

に対応した

特別な完全オリジナル髪質改善ケア

をご用意していますので是非ご覧ください!

 

『くせ毛・うねり・広がり』を解消!完全オリジナル[髪質改善メニュー]を見てみる

 

※特に『うねり・チリつき・広がり』などが気になる方で「縮毛矯正はしたくない!」という方はこちらのメニューをぜひ体感してください!

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です