縮毛矯正

縮毛矯正とは|効果・値段・持ち時間やストレートパーマとの違いを髪の毛のプロが伝授!

今まで10万人以上の髪に触れてきた髪質改善を専門とする美容院IDEALオーナー久保真介が「髪質に悩むお客様」の為に考案した

『天使の髪質改善』

毎月200名以上のお客様が強くしなやかな艶髪を叶えています...。

『誰もが憧れる艷やかな美髪...取り戻しませんか?』

IDEALオリジナル『天使の髪質改善』メニューを見てみる  

クセやうねりが邪魔をして、朝のスタイリングに時間がかかってしまう、といった悩みはありませんか?

まとまりやすいストレートヘアを手に入れて、悩みを解消できたらいいですよね。

また、ストレートヘアにしたいけど、「縮毛矯正とストレートパーマの違いがよく分からず、どちらをすればいいのか迷っている」という方も多いのではないでしょうか。

SIN
SIN
はじめまして!「髪質改善」専門のサロン、高田馬場IDEALの久保です!

この記事では、縮毛矯正の効果・値段・持ち時間や、ストレートパーマとの違いについてを、詳しく解説していきます!(゚∀゚)

見たいところへスキップ

縮毛矯正とは|髪をストレートにするもの

縮毛矯正とは、髪内部の結合を一度切断して、もう一度結合を繋ぎなおすことで、ストレートヘアにする技術のことを言います。

気になるクセやうねりなどを、まっすぐなストレートヘアにすることができます。

縮毛矯正をすると、髪の毛が均一に整い、髪がツヤツヤになります。

「髪がクセ毛でパサパサになってしまう」
「うねりでボリュームが出すぎてしまう」

という方は、縮毛矯正がおすすめです。

縮毛矯正の効果

縮毛矯正の原理は、パーマとほぼ同じです。

1剤の還元作用で髪の内部の結合を切り、ブロー・アイロン等でストレートに矯正した状態の髪の毛に酸化作用のある2剤を塗布し、切った結合を再結合させます。

SIN
SIN
縮毛矯正をするとクセやうねりが収まるので、髪の毛が扱いやすくなり、朝のスタイリングが各段に楽になりますよ。

今まで広がってまとまりづらかった髪の毛も、すんなりいう事を聞いてくれるようになるのが大きなメリットです。

雨の日や梅雨の時期、湿気で広がってしまう髪の毛も、縮毛矯正をすることでまとまりやすくなります。

気になっていたクセやうねりが解消されるので、しばらくストレスフリーに過ごせます。

縮毛矯正をかけた場所はずっとストレートのままですが、次に生えてくる髪の毛はもとのくせ毛の髪が生えてきます。

しかし、根本的に髪質が改善されるわけではありませんので、ストレートの状態を維持したいのなら、定期的にかけ直す必要があります。

縮毛矯正のやり方・流れ

美容室のメニューの中でも工程が多く、時間のかかる施術です。

ブローやアイロンは、クセを伸ばすために丁寧にしていくので、その分時間がかかります。

時間の余裕を持って美容室に行くようにしましょう。

縮毛矯正とストレートパーマの違いは?熱処理をするかどうかの違い

縮毛矯正をストレートパーマの大きな違いは、施術の工程中にストレートアイロンで熱処理を行うか行わないかにあります。

その他の工程は基本的には同じです。

 縮毛矯正ストレートパーマ
特徴
  • クセやうねりがしっかり伸びる
  • 熱処理を行う
  • パーマがかかった髪をまっすぐに戻す役割り
メリット
  • ストレートヘアになる
  • サラサラ、ツヤが出る
  • ふわっと自然な仕上がりになる
デメリット
  • 傷む
  • カラーが発色しづらくなる
  • ぺたっとなりすぎる
  • とれやすい
  • 強いくせ毛はストレートになりづらい

縮毛矯正はボブ・ショートでもできるの?

ずばり、ボブ、ショートの場合も、縮毛矯正をかけられます!

SIN
SIN
ですが、ショートであまりにも髪が短すぎると、ストレートアイロンが難しく施術ができない可能性もあるので、その点は注意してくださいね。

また、レイヤー(段)が多く入ったヘアスタイルに縮毛矯正をかけると、不自然に毛先が外にハネてしまう場合も。

ボブやショートの場合は、全体的に縮毛矯正をかけるのではなく、クセの強い場所だけをする「ポイント縮毛矯正」がおすすめです。

特にクセのでやすい前髪や襟足のみに縮毛矯正をかけることができ、全体のスタイルのバランスを崩さずにクセを伸ばせるので、おすすめです。

縮毛矯正・ストレートパーマのメリット 

縮毛矯正のメリットは、なんと言ってもキレイなストレートヘアになることです。

くせやうねりがあると、ボリュームが出すぎて広がってしまいますが、縮毛矯正をするとボリュームを抑えることが出来ます。

髪の毛のキューティクルが整い、髪の毛もツヤツヤになります。

持続性も高く、縮毛矯正をかけた場所は半永久的にストレートヘアのままです。

ストレートパーマのメリットは、縮毛矯正に比べて髪への負担が少なく、自然にボリュームを抑えられることです。

ストレートパーマはもともと、パーマ落としとしても使われていました。

パーマをかけたけど、やっぱりストレートヘアに戻したいという時は、ストレートパーマでパーマを落とすことができます。

縮毛矯正・ストレートパーマのデメリット 

縮毛矯正のデメリットは、どうしても髪の毛が傷んでしまうこと。

SIN
SIN
一見、サラサラでキレイになったように感じますが、髪の内部はダメージしています。。。

ダメージの原因は、くせ毛の髪の毛をストレートにするために、アイロンによる熱処理でタンパク質を変性させてしまうことです。

タンパク変性を起こすと、カラーが思い通りに染まらなかったり、パーマがかけられなくなってしまいます。

ストレートパーマのデメリットは、クセが強いとストレートになりづらいことです。

また、持続性がなく、時間がたてばもとのクセ毛に戻ってしまいます。

縮毛矯正に比べて、ツヤ感、まとまり感も劣ります。

縮毛矯正とカラーは同時にできる?ずばり、できます!

縮毛矯正をしても、カラーをすることが可能です!

SIN
SIN
しかし、髪への負担が大きくなりますので、できるだけ1週間ほどの期間を空けて施術しましょう。

中には、一回で全てのメニューを終わらせてしまいたいと考える方もいらっしゃると思います。

確かに同日で縮毛矯正とカラーを行うことはできますが、髪に相当な負担がかかってしまいます。

もし同日に行うのであれば、必ずトリートメントを合わせて行うことをおすすめします。

縮毛矯正とカラーを同時にする場合のポイントと注意点について、解説させていただきます。

注意点は3つです。

①サロントリートメントをする

美容室で行うトリートメントは、栄養成分がたっぷり入っていて、傷んだ髪を補修してくれます。

縮毛矯正は、メニューの中でも特に髪への負担がかかる施術です。

縮毛矯正は値段も高いので、財布の紐もしまってしまいがちですが、髪の毛は一度傷んでしまうと後からもとに戻すのには時間がかかります

クセやうねりのないサラサラストレートを手に入れたのに、ダメージしてパサついてしまってはもったいないですよね。

縮毛矯正とカラーをしたい場合は、妥協せずにサロントリートメントをすることが失敗しないポイントです。

②日ごろからヘアケアを行う

負担のかかる縮毛矯正ですが、髪の毛をキレイにしていると、縮毛矯正やカラーをしてもダメージが少なく済む場合があります。

ヘアケアを始める際には、まずはシャンプーから変えることをおすすめします。

家でのケアは、実はトリートメントよりもシャンプーの方が大切です。

洗浄力の高いシャンプーを使用していると、髪を少しずつ傷めてしまいます。

縮毛矯正とカラーに耐えられる髪の毛を作るために、洗浄力の優しいアミノ酸系・ベタイン系・コラーゲン系の界面活性剤が配合されたシャンプーを選ぶようにしましょう。

SIN
SIN
毎日必ず使うシャンプーを変えるだけでも、しっかり効果が現れますよ。

シャンプーで髪質改善!おすすめは?|通販・市販(ドラッグストア)・サロンで人気ランキングを徹底比較!髪質改善シャンプーが近頃話題です。 自分に合った高品質なシャンプーを使うことで、髪質は改善することが可能です。 では、どんなシャンプーが良いのでしょうか。 また、どのようなシャンプーが自分に合っているのでしょうか? 今回はそんなシャンプーの選び方やおすすめシャンプーを悩み別に解説いたします。...

③できれば縮毛矯正とカラーは別日に行う

縮毛矯正とカラーは同日にできますが、できれば1~2週間ほどの期間を空けて施術を行うのをおすすめします。

まず縮毛矯正を行い、1~2週間後にカラーを行うのが正しい順番です。

縮毛矯正をした後の髪は、髪の内部にアルカリ剤がしばらく残っている状態。

同日にしてしまうとアルカリが髪に残った状態のまま、さらにカラーのアルカリ剤を塗布することになるので、髪へ相当な負担がかかってしまいます。

髪の毛は、弱酸性の状態が1番安定しているので、アルカリに寄りすぎると傷んでしまいます。

期間をあければ、アルカリ剤は髪からある程度抜けます。

どうしても時間がとれない時以外は、期間を空けるようにしましょう。

縮毛矯正にかかる値段相場|10,000~30,000円 

地域や美容室によって異なりますが、おおむね10,000~30,000円が相場です。

クオリティを求めるなら、値段を高く設定している美容室を選ぶことをおすすめします。

なぜなら、値段の高さと技術レベルは比例するからです。

安価な美容室で縮毛矯正を行うと、技術が不十分で理想の仕上がりにならない可能性があります。

理想の仕上がりにならなければ、またかけ直しに時間を裂いて美容室に行かなければなりません。

そうなると髪はダメージし、そのダメージした髪をケアするのに時間もお金も余計にかかってしまいます。

SIN
SIN
縮毛矯正は一見高そうに見えますが、最初からお金をしっかりかけて、確実にキレイにしてもらったほうが後からお金をかけなくて済みますよ。

縮毛矯正の施術時間|3時間〜4時間 

縮毛矯正は工程の多い施術です。髪の長さにより時間は異なりますが、3時間~長くて4時間ほどかかります。

薬剤を髪に均一に塗布したり、ブローをしたり、時間がかかってしまうのは縮毛矯正のデメリットではあります。

ですが、サラサラなストレートヘアを手に入れるために、犠牲はつきものです。時間はしっかり確保して美容室へ行きましょう。

縮毛矯正はどのくらいの頻度で行くのがベスト? 半年に一度が目安

縮毛矯正をしても、次に生えてくる髪の毛はくせ毛の状態で生えてきます。

髪の伸びる速度は、1ヶ月に約1センチ。

6センチほど伸びた半年後には、縮毛矯正をした場所と新しく生えてきたくせ毛の境目が気になり始めます。

縮毛矯正をかけている場所は半永久的にストレートの状態を維持できるため、伸びてきたリタッチ部分のみに縮毛矯正をすることをおすすめします。

すでに縮毛矯正している部分は、ダメージのリスクを伴うので薬は付けないほうがいいです。

ショート〜ミディアムヘア

ショート~ミディアムヘアの場合、伸びたらすぐにスタイルが崩れるため、頻繁に美容室に行く方も多いのではないでしょうか。

髪が長いと、髪の自重でクセが伸びるため、髪が短いほうがクセが気になる傾向にあります。

ショート~ミディアムヘアの場合は3か月に1度のペースですることをおすすめします。

ミディアム以上のロングヘア

ミディアム以上のロングヘアの場合、縮毛矯正をしてしばらく経つと、クセやうねりが出て頭頂部が広がりやすくなります。

ボリュームが気になりだしたころが、縮毛矯正のかけ時です。

半年~1年ほどで縮毛矯正をするのをおすすめします。

前髪の縮毛矯正は自然にできる?

前髪だけ縮毛矯正をかけるとき、不自然にまっすぐなりすぎてしまうのを避けるために、あらかじめカウンセリングで美容師さんに要望を伝えましょう。

縮毛矯正は、技術者のさじ加減で仕上がりが変化します。

前髪のクセはしっかり伸ばして、けれど仕上がりは自然にしてほしいと伝えれば調節してくれますよ。

理想の仕上がりを事前に共有しておくことが大切です。

SIN
SIN
もし不安ならば、縮毛矯正をかけずに毎朝ストレートアイロンを使ってクセを伸ばす方法がおすすめです。

前髪だけなら時間もかからないですし、かつ自然な仕上がりを自分でコンロトールできますよ。

縮毛矯正に失敗しないコツ3つ

せっかく時間とお金をかけてする縮毛矯正です。

できれば失敗はしたくないですよね。

縮毛矯正の失敗を避けるために、以下の3つのポイントを抑えておきましょう。

  1. 美容師選びは妥協しない
  2. 家で髪をダメージさせない
  3. セルフでの縮毛矯正はやらない

①美容師選びは妥協しない

縮毛矯正は技術の中でも難易度が高く、施術者の腕前で仕上がりが変わります。

特に大事なのが「正しい見極め・毛髪診断ができるか」です。

SIN
SIN
どれぐらいクセが強くて、髪の毛がどれぐらい薬に耐えられるのか。

髪の毛を見たときにこういったことをきちんと判断できる美容師は、縮毛矯正が上手です!

逆にキャリアが少なく、正しい判断ができない美容師は、縮毛矯正をしてもクセやうねりが残ってしまったり、薬を強く設定しすぎて髪の毛を必要以上に傷めてしまいます。

縮毛矯正が上手な美容師は、ネットやインスタグラムなどで探せばたくさん出てくるので、気になる方は探してみてください。

大切な髪の毛をお任せするのですから、安心して託せる人を探しましょう。

②家で髪をダメージさせない

縮毛矯正をする際、すでに髪の毛が傷んでいると、薬剤に髪が耐えきれずに失敗に終わってしまいます。

最悪の場合、ビビリ毛といって、髪の毛がチリチリに焦げたような状態に。

この状態になってしまうと、元に戻すのは非常に難しく、最終的にはカットするしかなくなります。

日常的に髪をダメージさせないことがポイントです。

家で髪をダメージさせないために気を付けることは主に3つあります。

  • 濡れた髪はなるべく早く乾かす
  • 絡まった髪は力任せにとかさず、毛先→中間→根元の順番で優しくとかす
  • コテの温度は140度~160度を守る

ぜひ今日から実践してみてください。

③セルフで縮毛矯正はやらない

薬局では、縮毛矯正を自宅で行えるキットが売っています。

美容室でやるよりお手頃な価格で、もしかしたら自宅でやってみようかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

SIN
SIN
しかし、美容師でも難しい技術を、セルフでやるのはおすすめしません(´;ω;`)

髪が傷み、クセも伸びずに終わってしまう場合もあります。

クセやうねりは、後頭部に密集している場合が多く、セルフでやると、後ろの髪をキレイに塗布するのは難しいですよね。

こういった塗布ムラができてしまうと、のちのちカラーをした際の色ムラにも繋がります。

一度できてしまったムラを直すのは時間がかかりますので、リスクはなるべく避けましょう。

縮毛矯正で失敗されてしまった場合の対処法

縮毛矯正の失敗は主に3つあります。

  1. くせが伸びきっていない
  2. 必要以上に傷んでしまった
  3. 根元が折れてしまった

1のくせが伸びきっていない場合は、美容室に連絡をすれば無料でやり直してもらえます。

満足いかなかったら、美容室に相談してみましょう。

2の必要以上に傷んでしまうのは、髪の毛が「ビビリ毛」になってしまうこと。

トリートメントを繰り返しても、ビビリ毛は治らないことがほとんどです。こうなったら、カットするしか方法はありません。

3の根元が折れてしまうことは、美容師の技術ミスです。

根元がカクッと折れてしまい、スタイルが不自然になってしまいます。ヘアアレンジをするなどして、工夫しましょう。

ヘアアレンジは、根元を隠せるようなアップスタイルがおすすめです!

ハーフアップスタイル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

笠原ともか(@toooom____ka)がシェアした投稿

お団子スタイル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佐々木 拓巳(@33_sassa)がシェアした投稿

持ちを良くする秘訣を美容師が伝授!

ストレートヘアを長持ちさせるために、縮毛矯正をした当日はシャンプーを控えてください。

また、髪をギュッと強く結ばないことも大切です。せっかくのストレートヘアにクセがついてしまう原因になってしまいます。

髪を結ぶときは、シュシュなどで緩く結びましょう。

縮毛矯正をかけてからは、毎日のヘアケアを入念にすることが大切です。

傷ませると、キューティクルが剥がれてしまい、結果的に縮毛矯正で手に入れたツヤ感も損なわれてしまいます。

洗浄力の優しいシャンプーを使ったり、ヘアオイルをつけてしっかり乾かすなど、こういった日々のヘアケアが持ちを良くする秘訣です。

IDEALの縮毛矯正について

高田馬場IDEAL美容室のオリジナルメニュー天使の髪質改善ストレートエステは、縮毛矯正をかけながら髪質改善することができます。

水分を蓄える特殊なトリートメントをたっぷりと補給してストレートにしていくので、髪を傷めずに潤いのある自然な仕上がりになります。

  • 繰り返すストレートパーマで毛先がザラザラしてパサついている
  • 毎日朝の手入れで広がってしまってまとまらない
  • もともとのクセやうねりがあり手入れが大変
SIN
SIN
こういった悩みがある方は、当店IDEALの「天使の髪質改善ストレートエステ」をおすすめします!

自宅でできる縮毛矯正?その効果とやり方は

薬局では、自宅でできる縮毛矯正の薬剤が売っています。しかも価格は1,000円未満と、かなりコスパはいいです。

ですが、市販で売られている薬剤はデメリットが多くあります。

美容室では、薬剤はお客様の髪の毛の状態によって強さを調節しますが、市販ではそれができません

そのため、市販の薬は「効果を得られやすいように強めの薬」で設定されています。

やり方を間違えると傷むだけで失敗していまうので、行う際には注意しましょう。

自宅での縮毛矯正の効果や持ち

自分の頭に薬をムラなく塗るのは、至難の技です。持ったとしても、1~2ヵ月程度が限度でしょう。

効果は、少しボリュームが収まるほどの出来栄えが考えられます。

SIN
SIN
縮毛矯正は、技術力のいるメニューです。美容師さんも、技術を習得するために何年も修行しています。(゚∀゚)

自宅で縮毛矯正をしようとしても、上手くできない場合が多いです。

そのため、思い通りにくせが伸びない、パサついてしまうといったことが起こってしまいます。

自宅での縮毛矯正は、基本的にはおすすめできません。

縮毛矯正のやり方

どうしても自宅で縮毛矯正がしたい!という場合は、設定された時間は必ず守りましょう。

また、1剤の薬剤を塗布する場合、根元にはつけないように注意が必要です。

根元についてしまうと、不自然に髪の毛がカクッと折れてしまいいます。

クリップなどで髪を分けながら、丁寧に素早く薬剤を塗布しましょう。

【メンズ必見】縮毛矯正をおすすめする人とカッコよくキマる髪型

クセやうねりが強い方や、天然パーマでセットがうまくキマらない方には、縮毛矯正がおすすめです。

メンズスタイルでも、縮毛矯正がカッコよくキマる髪型があるので、ぜひ参考にしてみてください。

メンズで縮毛矯正をおすすめする人

スタイリングの時は、ストレートアイロンを使ってクセを伸ばしたり、動きを付けたりしてセットする方も多いのではないでしょうか。

毎朝ストレートアイロンでクセを伸ばすのは、時間も手間もかかってしまいます。

縮毛矯正をすれば、そういった朝の手間が省けるのでおすすめです。

天然パーマや強いくせ毛の方も、縮毛矯正ならストレートヘアが楽しめます。

メンズの縮毛矯正が似合うヘアスタイル

男性の植毛矯正と相性のよいヘアスタイルについてもまとめてみました!

センターパートスタイル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タカラ【原宿美容師】チルスパイラル ショートマッシュ(@theater_takara_juice)がシェアした投稿

全体的に縮毛矯正をかけて、すとんとボリュームを落としてオシャレに。

セットするときは、毛先をストレートアイロンで後ろに流すようにすると、ナチュラルなこなれ感がでるのでおすすめです。

ウルフスタイル

ウルフヘアは、襟足が長く、首にそっているのが特徴。

クセで襟足が浮いてしまうと、せっかくのウルフスタイルがうまくキマりません。

クセの気になる襟足にポイントで縮毛矯正をかけて、キレイなシルエットを手に入れましょう。

ナチュラルなマッシュスタイル

ノーセットでもキマるナチュラルなマッシュスタイルには、縮毛矯正がぴったり。

クセを伸ばして、もとからサラサラ髪を演出しましょう。

 

メンズの縮毛矯正をオーダーする際のポイント

ブローとアイロンでクセを伸ばすため、髪が短いと縮毛矯正できない場合があります。

オーダーする際、自分の髪の長さで縮毛矯正が行えるかを確認しましょう。

中には全体的にクセを伸ばしたいのではなく、前髪だけポイントでクセを伸ばしたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

縮毛矯正を前髪だけ当てる場合は、まっすぐ過ぎないようにオーダーするのがコツです。

今の流行はナチュラルスタイル。前髪だけ不自然にストレートになってしまうと、少し時代遅れな雰囲気になってしまうことも。

カウンセリングの際に、「自然なストレート髪にしてください」と伝えて、カッコいい理想のスタイルを手に入れましょう。

縮毛矯正についてよくある質問

縮毛矯正ってなんだか難しそうで、分からないことも多いですよね。

特に、やってみたいけどあと一歩が踏み出せない、という方も多いのではないでしょうか。

ここからは、縮毛矯正についてよくある質問について解説していきます。

Q. 縮毛矯正を周囲にバレないようにやりたいですが、自然にサラサラになりますか?

縮毛矯正のやり方次第で、バレないように自然な仕上がりにすることができます。

事前のカウンセリングで、美容師さんにその有無をしっかり伝えましょう。

技術の過程で、しっかり伸ばすかゆるく伸ばすかでストレート具合は変わります。

特に、初めて縮毛矯正を行う場合は、ストレートになりやすいので注意が必要です。

「自然な仕上がりにしてほしい」と伝えると、美容師さんが調整してくれるので、相談してみてください。

うまくバレないように調節してくれるはずです。

Q. 値段の安い縮毛矯正、効果は変わらない?

効果は変わります。

そもそも、同じ技術なのにどうして値段に違いがでるのでしょうか。

要因は様々ですが、確実に言えることは、美容室の値段設定は技術力に比例します。

技術力が高く、丁寧な仕事をする縮毛矯正ならば、値段は高くなる、という仕組みです。

値段が安い美容室は、技術スピードが早く、回転率を重視しています。

一見コスパがいいように思いますが、もし失敗されたらもう一度かけ直さなければならなかったりと、二度手間になってしまいます。

しっかりクセを伸ばしてキレイな仕上がりを求めるのであれば、ある程度お金を払って、技術の高い美容師にしてもらったほうがお得ですよ。

Q. 縮毛矯正にかかる時間は人によって違うの?

違います。

縮毛矯正をする際、「髪の毛を軟化させる」と言って、薬剤によって髪のクセを伸ばしやすくします。

髪質によって、軟化しやすいと15分ほどで薬が反応しますが、軟化しづらいと20分~30分時間を置く場合があります。

この軟化しやすいかどうかは、薬を塗布して髪の反応を見てみないと分かりません。

また、髪の長さや量、施術を1人で行うか2人で行うかでも時間は変わってきます。

縮毛矯正をする際は、なるべく次の予定を入れず、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

まとめ

縮毛矯正とストレートパーマについて、解説させていただきました。

今回の記事をまとめます。

なりたいスタイルに合わせて、縮毛矯正がストレートパーマのどちらにするかを選ぶことをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。

『こんなツルツルな髪今まで触ったことない。。。』この様な声を多く頂きます。

IDEAL美容室の【髪質改善メニュー】は
美容業界・世界中でも絶賛・話題沸騰!!

髪質改善で艶々サラサラの髪を手に入れる

『tokioインカラミトリートメント』

の効果を最大限に引き出す他にはない

『オリジナル施術!!』

 

 

高田馬場IDEAL美容室は全国でも数少ない

TOKIOトリートメントテクニカル認定サロン

 

 

研究を重ねた独自のオリジナル施術で、tokioトリートメント効果を引き上げるIDEAL美容室のオリジナル施術をぜひ体験して下さい!

 

 

高田馬場IDEAL美容室オリジナル施術の髪質改善TOKIOトリートメントケアメニュー

『リピーター殺到!』毎月200名以上のお客様が美髪を実感!高田馬場IDEAL美容室オリジナル施術【髪質改善TOKIOトリートメントメニュー】を見てみる

 

高田馬場IDEALでは、お客様のダメージや髪質の悩みを解消して頂けるよう、tokioトリートメントの他にも

[くせ毛・チリつき・うねり]

に対応した

特別な完全オリジナル髪質改善ケア

をご用意していますので是非ご覧ください!

 

『くせ毛・うねり・広がり』を解消!完全オリジナル[髪質改善メニュー]を見てみる

 

※特に『うねり・チリつき・広がり』などが気になる方で「縮毛矯正はしたくない!」という方はこちらのメニューをぜひ体感してください!

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!
縮毛矯正

パーマと縮毛矯正を同時にかけるのはNG?ストレート×ワンカールで理想の髪型を叶える!

2020年10月14日
高田馬場IDEAL(アイディール)髪質改善美容室
髪のクセやうねりが気になるから縮毛矯正をかけたいけど、「まっすぐすぎるのは嫌だ」という方も多いのではないでしょうか。 ボリュームが抑えられ …
縮毛矯正

トリートメントと縮毛矯正はどっちがおすすめ?同時施術は〇?違いを知って理想のストレートヘアを手に入れる!

2020年10月20日
高田馬場IDEAL(アイディール)髪質改善美容室
髪がうまくまとまらなかったり、クセやうねりが気になったりと、髪に対するお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 その際、自分の髪は …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です