サロントリートメント

酸熱トリートメントとは? 効果的だけどデメリットに注意! | 効果・持ち・頻度・仕組み・相場などをまとめて解説

酸熱トリートメント EyeCatch

今まで10万人以上の髪に触れてきた、髪質改善専門の【美容院IDEAL高田馬場】オーナー久保真介が「髪質に悩むお客様」のために考案した

『天使の髪質改善ヘアエステ』

毎月400名以上のお客様が「強くしなやかな艶髪」を叶えています!

「『誰もが憧れる艷やかな美髪』...取り戻しませんか?」

『天使の髪質改善ヘアエステ』メニューをHot Pepperで見てみる

 

この記事は2021年9月9日に最新版の情報に更新しています。

髪質改善ができると話題沸騰の「酸熱トリートメント」。インスタグラムなどのSNSでも酸熱トリートメントでツヤツヤ、サラサラになった女性たちの投稿が目立ちますね!

酸熱トリートメントは、アイロンの "熱" に反応する特別な "酸" の効果によって、芯から髪の毛に強さとうるおいを与えてくれるトリートメントです。髪の毛内部に結合を増やし、栄養と水分を髪の毛に直接結びつけることによって、髪の毛にハリとしなやかさを生み出します。

ハホニコのラメラメトリートメントやTOKIOインカラミトリートメントなどといった「従来のサロントリートメント」とは仕組みがまったく異なるもので、トリートメントの持ちやダメージ補修効果が非常に高くなっている上、くせ毛を改善する効果も持っています

そんな魅力的な酸熱トリートメントですが、実は誰にでもオススメできるトリートメントではありません。合わない髪質や気をつけなければならない注意点・デメリットがあるのです!!

今回はそんな酸熱トリートメントについて徹底解説しましょう!

SIN
SIN

はじめまして、髪質改善美容室IDEAL高田馬場のオーナーを務める久保と申します。

僕は歴20年の現役美容師。毎月何百人ものお客様の髪と向き合い続けています!

今回はそんな髪質改善のプロとして「酸熱トリートメントへの疑問」について、詳しく、わかりやすく解説していきますね!

本記事の内容
  • 髪質改善ができる酸熱トリートメントとは? 酸熱トリートメントの効果と仕組み
  • 酸熱トリートメントで痛むってほんとう? デメリット・注意点と失敗の理由
  • 酸熱トリートメントが向いているのはどんな人? おすすめの施術頻度は?
  • くせ毛の改善には酸熱トリートメントと縮毛矯正のどっちがいいの?
  • 自宅用の市販酸熱トリートメントに要注意! 酸熱トリートメントには失敗して髪がボロボロになるリスクも

酸熱トリートメントについてしっかり理解して、憧れのしなやか美髪づくりの参考にしてください!

見たいところへスキップ

酸熱トリートメントとは? 酸熱トリートメントの仕組みと効果・特徴・メリット

酸熱トリートメントは、「グリオキシル酸」や「レブリン酸」などといった "特別な酸の成分" を主成分(有効成分)とするトリートメントです。

酸熱成分は、アイロンの熱に反応して痛んだ髪の毛内部で「イミン結合(イミノ結合)」という強力な結合をつくります。髪の毛の栄養となる「アミノ酸」とともに髪の毛に直接結びついて、髪の毛の構造を強化するとともに、栄養と水分を内部に閉じ込めます

内部構造が強化された髪はハリやうるおいを取り戻し、プルプルでしなやかな髪の毛になるのです。

表面ダメージではなく、主に内部ダメージに働きかけて毛髪強度を改善!

酸熱トリートメントは、髪の「表面ダメージ」ではなく、主に「内部ダメージ」に働きかけます

表面ダメージとは、髪の毛の表面を覆っている「キューティクル」が受けるダメージです。キューティクルは髪の手触りやツヤに大きくかかわっているので、表面ダメージをケアすることで髪はツヤとなめらかさを取り戻すことができるのです。

SIN
SIN

ハホニコのラメラメトリートメントなど、従来型のサロントリートメントはこの表面ダメージの補修が得意でした。だから、施術してもらうと髪がツヤツヤ・サラサラになるのです!

でも、内部ダメージの補修力はそれほど高くないものが多く、トリートメント効果の持続性が低いものが多かったのです。

一方、内部ダメージとはキューティクルに包まれた内側部分が受けるヘアダメージ。「ケラチン」など髪の毛内部の栄養分が、熱や紫外線、ヘアカラーなどによって受けるダメージです。髪の毛の強度・ハリコシ・潤いなどに大きく関係します

従来のトリートメントは表面ダメージのケアが主だったのに対して、酸熱トリートメントは内部補修に優れています。ただ内部に栄養を補充するだけじゃなく、結合をつくることで根本的なケアを可能にするのです。

酸熱トリートメントの効果 | 髪の毛の強さ・ハリコシ・潤い向上におすすめ! クセを軽減してツヤをアップさせる効果も!

酸熱トリートメントをすることで、次のようなメリットが得られます。

  • 痛んだ髪の強度が改善され、ハリやしなやかさが生まれる
  • 内部ダメージによるパサツキが改善され、潤いがありまとまる髪の毛になる
  • 髪の毛のクセが軽減され、ツヤが向上する

前述の通り、内部ダメージを補修して髪の毛の強度と潤いを根本的に改善する効果が非常に高いです。でもそれだけではなく、注目したいのは「トリートメントなのにくせ毛の軽減・改善ができる」という点です!

酸熱トリートメントは、ストレートアイロンの熱を通すことで反応し、髪の内部構造を強化します。このとき、アイロンによって髪のクセが伸ばされた状態で内部に結合をつくるので、そのストレートの形状で固定されるのです。

高いダメージ補修力と持続性に加えて、トリートメントなのにくせ毛の軽減・改善までできる。それが酸熱トリートメントです。

SIN
SIN
ただし、縮毛矯正のようにクセ毛を内部構造から根本的に改善するものではないため、クセ毛改善効果がものすごく高いわけではありません。そのあたりは後ほど詳しく解説いたします!

「なんとなく酸熱トリートメント」は要注意! 合わない髪質やデメリットがある!

魅力的な効果・メリットがある新しいトリートメント「酸熱トリートメント」ですが、綺麗な髪になりたいからって「なんとなく酸熱トリートメントしてもらいたい」という方は要注意です。

髪質によっては酸熱トリートメントが合わないことがある上、デメリットや注意点もあるからです!

「Yahoo知恵袋」などで調べてみると、次のような口コミを見つけることができます。

「酸熱トリートメントをやってもらって、その時はツヤツヤ・サラサラになったと思ったのですが、次の日シャンプーしたらあまり変わっていないような気がします」

「酸熱トリートメントしたら、なんか髪がギシギシでゴワゴワになりました」

「酸熱トリートメントで失敗して髪がボロボロになりました。。。」

なぜこのようなことになってしまうのか。詳しく解説していきます。

酸熱トリートメントは従来のトリートメントとは全く違う!

酸熱トリートメントが満足いかない結果になってしまったり、ときには失敗してしまったりする理由。それはいくつかあるのですが、簡単にまとめると「酸熱トリートメントは従来のトリートメントとはまったく違うから」です!

従来型のトリートメントなら、効果の大小こそあれ、とりあえず「髪が痛む」ことはほぼありませんでした。

しかし、酸熱トリートメントは違います。「強酸性」であり「髪の毛への作用が大きい」という特徴があるため、使い方を間違えると失敗したり逆効果になったりするリスクがあるのです

SIN
SIN
「トリートメント = 髪に良いもの」「トリートメントしておいて損はない」というイメージを持っているなら、それを改めないといけないのです!

酸熱トリートメントの高いダメージ補修力・持続性は、それだけ髪への作用が大きいということです。相性がいい髪には高い効果を発揮できる一方で、そのぶん失敗すれば髪が痛む可能性もあるのです!!

SIN
SIN

お店選びや施術を受けるときの心構えとしては「縮毛矯正」や「パーマ」を受けに行くのと同じつもりでいると良いですね。

価格帯としてもトリートメントよりも縮毛矯正やパーマに近いのは、それだけ難しくて手間もかかる施術だからであり、だからこそ適切に行えば高い効果が得られるのです!

酸熱トリートメントが失敗してしまう3つの理由

さて、酸熱トリートメントが失敗してしまう理由。それは主に3つです。

  1. 合わない髪の毛に酸熱トリートメントをしてしまった
  2. もう酸熱トリートメントを繰り返す必要のない髪に再び施術してしまった
  3. 施術した美容師の知識・技量不足

詳しく解説しましょう。

失敗理由① 合わない髪の毛に酸熱トリートメントをしてしまった

酸熱トリートメントは、次のような方には不向きで、場合によっては逆効果になることもあります。

酸熱トリートメントが合わない髪質
  • 太くてしっかりした髪質(剛毛)
  • 内部ダメージがほとんどない、ハリコシのある髪質

酸熱トリートメントは、ダメージで内部がスカスカとなってしまっている髪の毛に対して、グリオキシル酸などの作用で栄養分を結合させて毛髪強度を改善する施術です。

髪の毛に内部ダメージがなく、もともと太くてしっかりしている場合は酸熱トリートメントが作用して結合をつくる隙間があまりありません

本来不要な髪の毛に対して酸熱トリートメントをすると、髪の毛が変に硬くゴワゴワしたり、ギシギシしてしまったりという場合があります。

失敗理由② もう酸熱トリートメントを繰り返す必要のない髪に再び施術してしまった

酸熱トリートメントを不必要に繰り返し続けた場合も、同様に失敗してギシギシ・ゴワゴワしてしまうことがあります。

理由は①の場合と同じです。以前の酸熱トリートメントで十分に髪の毛の強度・ハリコシが改善されていて、「酸熱トリートメントが合わない」髪の毛になっているのです。

つまり、酸熱トリートメントはやればやるだけ綺麗になるものではないということです。

SIN
SIN

ただし、髪の内部ダメージが進行していたのなら、酸熱トリートメントは1回目よりも2回目の方がより効果的な場合も多いです。

酸熱トリートメントを繰り返すたびに髪質改善が進んでよりキレイでしなやかな髪になっていきます。

なので、ある程度繰り返して髪質改善が十分に完了した段階で、酸熱トリートメントを卒業するようにしましょう!

失敗理由③ 施術した美容師の知識・技量不足

そしてもうひとつ。担当する美容師の技術や知識が足りなくて失敗してしまっている場合も多いです。

酸熱トリートメントは、従来のトリートメントよりもはるかに難しい施術です。施術する美容師には高い技術力と知識が求められるので、経験不足・勉強不足だと失敗する可能性があります

ただ「酸熱トリートメントが流行っているから」という理由だけでメニューに採用して、従来のトリートメントと同じような感覚で使用している美容院も実際多いようです。そのように甘く考えている美容師では失敗してしまうのも頷けます。

SIN
SIN
酸熱トリートメントをするなら、ブログやインスタグラムをチェックしたり、口コミを確かめたりして、信頼できる美容院を探して施術してもらいましょう!

酸熱トリートメントの注意点とデメリット

前章では「酸熱トリートメントは失敗することもある」という話をしましたが、酸熱トリートメントの注意点は他にもあります。成功・失敗とは関係のないデメリットや注意点もあるのです!

酸熱トリートメントのデメリット・注意点は以下の通りです。

  1. 酸熱トリートメントのくせ毛改善効果はそこまで高くない
  2. ヘアカラーが色落ちする
  3. 独特な匂いが数日残る
  4. 従来のトリートメントよりも値段相場が高い
  5. (種類によっては)その後の他メニュー施術に影響する恐れがある

詳しく解説します。

デメリット① 酸熱トリートメントのくせ毛改善効果はそこまで高くない

前述の通り、基本的に酸熱トリートメントのくせ毛改善効果はそれほど高くありません。クセが強い場合、酸熱トリートメントをしても思ったようにクセが伸びない可能性が十分にあるので、くせ毛改善がしたいなら「縮毛矯正」などの方が確実です。

縮毛矯正は、「酸化還元反応」という化学反応を使って髪の毛内部の結合を組み替え、くせ毛の構造からストレートヘアの構造に変化させます。髪がうねる原因を根本的に解決するので、強いくせ毛でもストレートに変えることができます

対して酸熱トリートメントは、ストレートアイロンで髪を伸ばした状態で髪内部に新たな結合を増やすことで、そのときのストレートの形状で髪を形状記憶します。しかし、もともとのうねる構造も残っているので、クセが強ければそちらが勝ってしまうのです。

ゆるいくせ毛をキレイなストレートにしたり、ある程度のくせ毛を軽減してナチュラルな仕上がりにしたりするのは得意ですが、「くせ毛を改善したい!」と悩んでいる人におすすめすべき施術ではありません

SIN
SIN
酸熱トリートメントは「髪を根本的に強くして、しなやかで潤う髪に変える」ことが本質で、くせ毛改善効果は期待しすぎないくらいでいるのがいいですね^^!

デメリット② ヘアカラーが色落ちする

酸熱トリートメントをすると、ほぼ確実に染めていたヘアカラーは色落ちします。特に、アッシュ系など寒色系のヘアカラーはかなり落ちてしまいます。

SIN
SIN
それほど明るくない白髪染めなどなら影響は小さいです。明るく染めている人ほど色落ちします。

そのため、酸熱トリートメントはヘアカラー前に行うのがおすすめです。

SIN
SIN
なお、酸熱トリートメント後はヘアカラーがいつもより染まりにくくなるため、通常と調合を変える必要があります。酸熱トリートメント後、他店でカラーリングをするなら「〇〇日前に酸熱トリートメントをやっています」と担当美容師さんに伝えるようにしましょう!

デメリット③ 独特な匂いが数日残る

酸熱トリートメントは「強い酸の成分」を使っているため、独特な匂いがあります。施術後、数日〜1週間程度は匂いが残ることが多いです。

SIN
SIN
「青リンゴ系の匂い」と言われることが多いですが、本物のリンゴの匂いとはだいぶ違います。少なくとも、好ましい匂いではないですね^^;

ただし、匂いがするのは基本的に髪の毛が濡れているときだけです。シャンプー中などは気になりますが、日常生活の中で気になることはほとんどないので安心しましょう。

デメリット④ 従来のトリートメントよりも値段相場が高い

酸熱トリートメントは、従来型のシステムトリートメントと比較してかなり高めに値段設定されるのが普通です。全国平均で8,000〜20,000円程度が値段の相場と言えるでしょう。

SIN
SIN
東京都内なら、15,000〜30,000円くらいはする場合が多いですね

これは前述の通り、酸熱トリートメントは従来のトリートメントと仕組みがまったく異なり、施術時間・手間・難易度・リスクが違うからです。

SIN
SIN
まれに5,000円など従来のシステムトリートメントとさほど変わらない価格で酸熱トリートメントを出しているお店もありますが、そのようなお店は酸熱トリートメントへの理解が十分でない可能性も高いです。本当にそのお店で施術してもらっても大丈夫なのか、慎重に判断しましょう。

デメリット⑤ (種類によっては)その後の他メニュー施術に影響する恐れがある

そして、酸熱トリートメントで大きな問題となっているのがこれです。薬剤調合や施術の仕方にもよりますが、その後のパーマや縮毛矯正が失敗しやすくなる可能性があるのです!

酸熱トリートメント後にパーマや縮毛矯正をかけたとき、髪がチリチリのボロボロになってしまったという事例が全国で報告されています。

これは特に、「グリオキシル酸」の配合濃度が高い酸熱トリートメントを使っている場合に起こりやすいです。

SIN
SIN

とはいえ、これは本来なら「酸熱トリートメントのデメリット」というより、失敗事例と言った方がいいかもしれません。施術時はキレイになったように見えても、実際は失敗して強酸により髪が痛んでいるような状態です。

でも一見すると髪がしっかりしているように見えるため、そのつもりでパーマや縮毛矯正をしてしまってボロボロになるというわけです。

酸熱トリートメントを受けた場合、担当美容師に「パーマ・カラー・縮毛矯正は何日くらい避けたほうがいいですか」と確認しておくと安心です。

SIN
SIN
ちなみに、「酸熱トリートメントのくせ毛改善効果はあまり高くない」と前述しましたが、実は調合を変えれば酸熱トリートメントでもクセをそれなりにしっかり伸ばすことは可能です。しかしその場合は失敗のリスクも高まり、他メニューへの悪影響も出やすくなるのです。

酸熱トリートメントが向いているのはどんな人? おすすめの施術頻度は? 何回繰り返す?

以上の通り、酸熱トリートメントは失敗のリスクやデメリット・注意点もあります。でも、技術のある美容師が正しく扱えば、非常に効果的な髪質改善トリートメントであることも確かです

SIN
SIN
酸熱トリートメントが向いている髪質の方なら、悩みの解決に有効な場合は十分多いのです^^!

酸熱トリートメントが向いているのは、次のような人です。

酸熱トリートメントはこんな人におすすめ
  • 髪の毛の内部がダメージを受けている方
  • 髪が細くて柔らかい方
  • エイジングによって髪が細ってしまい、へたりやすい方

施術頻度は1ヶ月半〜2ヶ月に一度が目安

酸熱トリートメントを正しく施術してもらった場合、持ちの目安は1ヶ月半〜2ヶ月程度です。「落ちてきたな」と感じ始めたら、効果が切れる前に再び施術してもらうと良いでしょう。

効果が切れる前に再び酸熱トリートメントをしてもらうことで、髪の内部にさらに結合が増え、より強固な状態になります。

1回目よりも2回目の方がより効果を強く実感できる人が多いです。

酸熱トリートメントは根本的に髪の毛を強くしていくため、1〜2ヶ月周期で繰り返していけば、だんだんと髪がキレイになっていき、トリートメントの持ちも向上していきます

髪のハリコシが十分に強くなったら髪質改善完了。それ以上は繰り返さない!

何度か酸熱トリートメントを繰り返していくと、十分に内部ダメージが補修され、しっかりとした髪の毛に生まれ変わります。十分に髪質改善が進めば、再びダメージが蓄積してこない限りトリートメントの落ちを実感しなくなるでしょう。

つまりは、酸熱トリートメントは内部まで傷んでしまった髪を改善して、再び元のようなキレイな状態に近づけるためのトリートメント(※)なのです!

(※ 髪が再生し、元通りの状態になるわけではありません。正確には、別のもので疑似的に再現して、強度等を元に戻している状態です)

そこまで髪質改善が完了したら、もう酸熱トリートメントを繰り返す必要はありません。むしろ前述の通り、逆効果になる可能性すらあります。

髪質改善が完了するまでの目安は2〜5回程度です(※ もちろんダメージ状況や髪質によります)。

結局、酸熱トリートメントっておすすめなの?

酸熱トリートメントについてメリットもデメリットも解説してきました。さて、結局のところ酸熱トリートメントはおすすめなのでしょうか?

結論。

「合っている人にとっては “かなり良いトリートメント”。だけど、もっと良いのもある!」

SIN
SIN
これが髪質改善美容院「IDEAL」のオーナーである、ぼくが出した結論です。

では、酸熱トリートメントより "もっといいもの" とはなんなのか。解説いたします。

髪質改善の専門家『IDEAL』がおすすめする髪質改善の方法

以上の通り、酸熱トリートメントは根本的な髪質の改善ができるトリートメントで、「髪質改善トリートメント」と呼ばれることも多いです。でも、髪質改善の方法は酸熱トリートメントだけじゃありません

まず、そもそもですが、美容院の髪質改善メニューには2つの種類があるんです。

  1. 髪質改善トリートメント : 酸熱トリートメントのような、髪を根本的に強くして髪質の悩みを解決してくれる新型のトリートメント
  2. 髪質改善ストレート : 処理剤や髪質改善トリートメントなどを使用して、縮毛矯正をダメージレスな施術に改良したもの

髪質改善トリートメントなら、最新原料を使った「活性ケラチントリートメント」がおすすめ!

まず髪質改善トリートメントなら、最新原料「活性ケラチン」を使った最新の髪質改善「活性ケラチントリートメント」がおすすめです。

ヘアケア原料「活性ケラチン」は、髪の毛の主成分である「ケラチン」を特殊な技術で “反応性を保ったまま” 髪の毛の内側まで入り込めるサイズまで分解した最新トリートメント成分。

従来の「加水分解ケラチン」のようにダメージホールに入り込んで隙間を埋めるのではなく、髪の毛のケラチンと直接結合して、ヘアダメージを受けた髪の毛を補修します

髪の毛の主成分と同じケラチン成分だから親和性が極めて高く、専門家の中では「遂にダメージヘアの “再生” に大きく近づいた」とまで言われている成分です。

(活性ケラチンの詳細 → ケラチントリートメントの効果・持ち・頻度 | 美容室と市販品はどう違う? デメリットは?

髪の毛の内部に入り込んで、アイロンの熱に反応してケラチンと結合し、毛髪の強度を改善できるので、効果・メリットは酸熱トリートメントととてもよく似ています

SIN
SIN
毛髪強度を大幅に改善し、髪のハリコシ・水分量・しなやかさを向上してくれます^^!

しかし違うのは「強酸性」ではないことです。つまりは、デメリットがほとんどなく、メリットも強化した酸熱トリートメントのようなものなのです!!

SIN
SIN
唯一のデメリットとして「剛毛の方には効果が出にくい」という点は挙げられます。しかし、強酸による独特な匂いや他の施術への悪影響の心配はほとんどありません!

SIN
SIN

当店IDEALでは、より低分子化されていて反応性の高い、欧州産の希少な活性ケラチンを使用した、オリジナルの髪質改善を行っています。

しかも、初回カウンセリングに30分もの時間をかけ、完全オーダーメイド処方で髪質改善を行っています!

 

IDEALの髪質改善について

 

最高品質な活性ケラチンを使用した、当店自慢の髪質改善トリートメント『天使の髪質改善ヘアエステ』。酸熱トリートメントよりもくせ毛改善効果は高く、その仕上がりは見ての通りです。

詳しく知りたい方は、以下をご覧ください!

 

『天使の髪質改善ヘアエステ』について

 

クセが強い方には「髪質改善ストレート」がおすすめ!

活性ケラチンを使用した最新の髪質改善トリートメントは、酸熱トリートメント以上のくせ毛軽減・改善効果を持っています。しかしやはり、内部構造から根本的にくせ毛を改善するものじゃないのは酸熱トリートメントと同様です。

そのため、クセ・うねりが強い方のくせ毛改善には、縮毛矯正の施術をダメージレスなものへと改良した「髪質改善ストレート」をおすすめしています。

通常の縮毛矯正は、「酸化還元反応」という化学反応とストレートアイロンを使うことで髪のクセを伸ばす施術です。1剤で髪内部の結合を一度切断して、アイロンでクセを伸ばし、ストレートになった状態で2剤をつけて新しく結合を結び直すという仕組みでくせ毛を改善します。

くせ毛を内部構造から根本的に改善できるのでかなり強いくせ毛でもストレートヘアにできますが 、髪への内部ダメージが非常に大きいメニューです。

(詳細 → 縮毛矯正とは|効果・値段・持ち時間やストレートパーマとの違いを髪の毛のプロが伝授!

そこで、内部ダメージの補修に強い髪質改善トリートメントなどをうまく組み合わせて、縮毛矯正のダメージを大幅に軽減したのが「髪質改善ストレート」です!

髪質改善ストレートでは、縮毛矯正剤1剤によってキューティクルの隙間を開き、内部の結合を切ったタイミングで、髪の栄養分を大量に内部に充填します

さらに、1剤前や2剤後にも適切な処理剤によってダメージを軽減し、最後は髪質改善トリートメントによって内部ダメージを補修します。

(※ 髪質改善ストレートの仕組みや施術方法は店舗によって異なります)

当店IDEALでは、先ほど紹介した活性ケラチントリートメント天使の髪質改善ヘアエステ』を縮毛矯正に応用して、オリジナルメニュー『天使の髪質改善ストレートエステ』を提供しています。

くせ毛を改善してストレートにしながら、施術前以上にハリコシとうるおいのあるしなやかな髪に仕上げます

 

『天使の髪質改善ストレートエステ』について

 

SIN
SIN
当店IDEALの髪質改善メニューは他にもまだありますので、髪の毛のことでお悩みの方はぜひ以下からご覧ください^^!

 

IDEALの髪質改善メニュー

 

酸熱トリートメントに関するQ&A

最後に、酸熱トリートメントに関するよくある質問にお答えしましょう!

Q. 酸熱トリートメントは正しく施術すればダメージゼロなんですか?

A. 正しく行えば、ダメージはほぼありません。しかし厳密にいえば、アイロンワークによるダメージが多少あります。

酸熱トリートメントでヘアダメージになり得る要員は以下の2点。

  • 酸性度の調整
  • アイロンワーク

くせ毛改善効果が高い代わりに酸性度が高い「グリオキシル酸」を多く使っていると、トリートメント薬剤が強酸性に偏り、酸によるヘアダメージにつながる恐れがあります。

しかしこれは、担当美容師の知識・経験不足による失敗事例のひとつと考えられます。そのため、正しい施術に成功している場合に限れば、酸熱トリートメント施術によって受けるヘアダメージはアイロンワークによる摩擦と熱のダメージ程度と考えられます。

Q. 酸熱トリートメントが失敗する確率はどのくらいですか?

A. 正しい知識・スキルを持った美容師ならほぼゼロです。

酸熱トリートメントの施術に慣れていて、知識・スキルを十分に持った美容師が施術するぶんには、酸熱トリートメントで失敗する可能性は極めて低いです。

しかし、知識・スキル・経験の少ない美容院で施術する場合だと、事情は異なります。従来のサロントリートメントと同じようなつもりで施術をしていれば、失敗する可能性は十分にあると言えるでしょう。

SIN
SIN
つまりは、美容師の腕次第、ということです! 口コミやブログ・インスタグラムなどをよくチェックして、美容院選びをしましょう^^!

 

 

Q. ブリーチやカラーを繰り返してボロボロになった髪でも酸熱トリートメントできますか?

A. むしろ高相性です!

酸熱トリートメントは、髪の内部ダメージが進んで毛髪強度が低下した髪の毛を補修するのに打って付けのトリートメントです。ヘアカラーやブリーチで傷んだ髪の毛の補修には最高のトリートメントと言えるでしょう!

SIN
SIN
活性ケラチントリートメントも同様です^^!

ただし、瞬発的なダメージ補修力だけで言えば、『TOKIOハイパーインカラミトリートメント』に軍配が上がります

酸熱トリートメントや活性ケラチントリートメントは繰り返すほどに効果が高まってくるトリートメントなので、 1回目の施術時点で言えば、即効性のあるダメージ補修に優れたTOKIOの最高峰トリートメント・ハイパーインカラミには勝てないのです。

SIN
SIN
そのため、初回はTOKIOハイパーインカラミの施術をして、次回以降から髪質改善トリートメントをして根本改善を図っていくのがベストと言えますね。

 

『TOKIOハイパーインカラミ』ついて

 

Q. 「酸熱トリートメントのあと半年は縮毛矯正できない」と聞いたことあるのですが、本当ですか?

A. 受けた酸熱トリートメントの種類によっては、そのような場合もあります。

酸性度の高い酸熱トリートメントを使用した場合、縮毛矯正やパーマの施術はすぐにはできなくなります。

SIN
SIN
ただし、何度も説明している通り、そのような酸熱トリートメント施術は望ましくないものと言えます。

酸熱トリートメントは担当美容師の技量によって仕上がりや効果が大きく左右されますので、縮毛矯正やパーマ、ヘアカラーをいつからしていいのか担当者に必ず確認するようにしましょう。

Q. 「酸熱型ケラチントリートメント」ってなんですか?

A. 加水分解ケラチン系の補修成分を添加した酸熱トリートメントです。基本的には普通の酸熱トリートメントと大きく変わりません。

通常の酸熱トリートメントに、加水分解ケラチン系の補修成分を添加して補修力をアップしたタイプです。しかし、加水分解ケラチンは特に反応性はないので、ざっくり言えば通常の酸熱トリートメントとほぼ同じと言えます。

SIN
SIN
なお、まれに「活性ケラチントリートメント」のことを酸熱型ケラチントリートメントと呼んでいるお店もあるようです。このあたりは店舗ごとに勝手に決めているだけですので、なんとも言えません。

Q. 自宅で酸熱トリートメントをやりたいのですが、市販の酸熱トリートメントってどうですか?

A. おすすめしません。大ダメージになるリスクもあります。

ここまでに解説したことから分かる通り、酸熱トリートメントは従来のトリートメントのように「やって損することはないもの」ではありません。失敗のリスクがあり、プロにとっても施術難易度の高いトリートメントです。

最近はドンキホーテなどでも市販されているのを見かけることがありますが、失敗してチリチリになり、後悔する可能性も十分あります

セルフで行うのはおすすめしません。

酸熱トリートメントは正しく施術すればとても効果的なトリートメント!信頼できる美容師で施術してもらおう!

まとめ

酸熱トリートメントは、内部ダメージを受けた髪の毛の内部に結合を増やし、毛髪強度を改善する新型のトリートメントです。髪の毛のハリコシ・うるおい・しなやかさを改善する効果が非常に高く、くせ毛を軽減・改善する効果も多少持ち合わせます

しかし合わない髪質があり施術難易度が高く、失敗すると大きなダメージにつながる可能性もあります。また、匂い残りやヘアカラーの色落ちなどのデメリットもあります。酸熱トリートメントをするときは、スキル・知識・経験のある信頼できる美容院で施術してもらうようにしましょう。

髪質改善トリートメントなら最新の「活性ケラチントリートメント」がもっとおすすめ!

酸熱トリートメントは髪質の根本改善が可能な優秀なトリートメントですが、デメリットやリスクも大きいです!

そのため、髪質改善の専門家である当店「IDEAL」では、酸熱トリートメントと同様なメリットを持ちつつもデメリットがあまりない「活性ケラチントリートメント」による髪質改善をおすすめしています

IDEALの髪質改善トリートメント『天使の髪質改善ヘアエステ』は、希少な欧州産の高品質活性ケラチンを使用した完全オリジナルメニューです。お客さま一人ひとりに合わせたオーダーメイド処方で、艶やかでしなやかな美髪へと導きます。

 

『天使の髪質改善ヘアエステ』について

 

くせ毛が改善したいなら「髪質改善ストレート」が最適!

また、くせ毛・うねりにお悩みなら酸熱トリートメントなどの髪質改善トリートメントよりも、ダメージレスに進化した縮毛矯正メニュー「髪質改善ストレート」の方が向いていることも多いです!

髪質改善トリートメントの力や数々の処理剤により、縮毛矯正をしているのに施術前よりもヘアダメージが改善され、しなやかでツヤツヤなストレートヘアに仕上がります

 

『天使の髪質改善ストレートエステ』について

 

髪の毛のことでお悩みなら、髪質改善の専門家「IDEAL」までご相談ください!!

 

IDEAL LOGO

 

髪質改善美容室「IDEAL」は

「髪の毛に悩みを抱える貴女」の

憧れを叶える美容院です。

 

くせ毛・痛み・ヘタリ・パサつき……

髪の毛のことでお困りなら、

ぜひ当店までご相談ください。

 

 

【美容室IDEAL高田馬場店】リピーター続出…「何やってもダメ…」艶髪をあきらめていた人を感動させた『天使の髪質改善ヘアエステ』

【美容室IDEAL高田馬場店】は

お客様の悩みに合わせた『髪質改善メニュー』を

提供させて頂いております

「くせ毛・チリつき・うねり」

などの『髪質』に対応した

『天使の髪質改善ヘアエステプレミアム』

『天使の髪質改善ヘアエステ』を詳しく見てみる

※特に『うねり・チリつき・広がり』などが気になる方で「縮毛矯正はしたくない!」という方は、こちらのメニューをぜひ体感してください!

「洗い流さないトリートメントは何を使っても一緒… 髪がキレイにならない…」

そんな悩みをお持ちの方に

『潤い・艶・サラサラ・ハリ・コシ』

これら全てを叶えるホームケア

『IDEALミスト&オイル』

『IDEALアウトバスミスト&オイル』を詳しく見てみる』


「枝毛・切れ毛・乾燥」

などの『ダメージ』対応した

『髪質改善ヘアエステ』

&

TOKIOハイパーインカラミ

IDEALは全国でも数少ない

TOKIOテクニカル認定サロンです

 

IDEALオリジナル施術『TOKIOメニュー』を詳しく見てみる

 

===================

髪質に合わせた

『髪質改善メニュー』

をご用意しております

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です