縮毛矯正

髪質改善トリートメントとは一体なに?!【髪を直したい!で悩んでいる人必見!!】

こんにちは高田馬場IDEAL美容室のSINです。

 

今回は“トリートメントをしたら、現状の髪質よりも柔らかくなめらかで、サラサラ・ツヤツヤ、手触りが良くなる”というのは、髪質改善とは違うのか?

インターネットで “ 髪質改善 トリートメント ” と検索すると、なんだか難しい説明がいろいろされてて結局よくわからない!!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

美容師歴19年の私が紐解いていきます。

髪質改善トリートメントとは一体なに?!【髪を直したい!で悩んでいる人必見!!】

美容室でのトリートメントはいくつかの種類があります。

  • 前処理・中間処理・後処理トリートメント
  • トリートメント
  • プレックス系トリートメント
  • “髪質改善トリートメント”と呼ばれているもの

 

前処理・中間処理・後処理トリートメントとは

カラーやパーマなどの薬剤をつける前に、ケラチンやコラーゲンが配合されているトリートメント剤をつけ、薬剤と一緒にトリートメント成分を髪の毛の中に入れ込むことを前処理と言います。

 

パーマやストレーとパーマ・縮毛矯正の1つ目の薬剤を流したあとと2つ目の薬剤をつける間の過程で、ケラチンやコラーゲンが配合されているトリートメント剤をつけることを中間処理といいます。

 

カラーやパーマ施術完了後、薬剤を流した後にカラーやパーマの薬剤の成分が髪の毛の中に残らないようにする成分が配合されている、または、カラーやパーマの定着が良くなる成分が配合されているトリートメントをつけることを後処理といいます。

 

髪の毛に対して薬剤を使って化学的な施術を行う際に生じるダメージを緩和し、トリートメント成分も入れ込んでいくという時短トリートメントです。

“髪質改善”とまではいきませんね。

 

サロンシステムトリートメントとは

美容室で髪の毛の内部にケラチンやコラーゲン、髪の毛のタンパク質に似たタンパク質と補給し閉じ込める。髪の毛の表面に膜を作りキューティクルを守る。

もちろん見た目にツヤも出て、手触りも良くなりサラサラの髪の毛になります。

これは“髪質改善”の一つと言えます。

 

プレックス系トリートメントとは

薬剤に混ぜて使うトリートメント後処理のトリートメントをセットで使うもので、主にブリーチをするときに薬剤に混ぜるタイプのものです。

従来、ブリーチは髪の毛をもっとも痛ませる薬剤でしたが、プレックス系のトリートメントは髪の毛内部で新しい繊維を作る成分が配合されているので、ブリーチをしてもチリチリ・パサパサになりずらくなりました。

 

プレックス系トリートメントは、内部に新しい繊維を作って弱い髪の毛を補強し、強度を増していきますので、これも“髪質改善”の一つと言えます。

 

質改善トリートメントとは

最近の巷で流行っている髪質改善トリートメントとはストレートパーマや縮毛矯正の薬剤が少し混ざったトリートメントです。

言い換えれば、“トリートメント成分たっぷりの縮毛矯正”といったところ。

 

インターネットで“ 髪質改善 トリートメント ”と検索すると、ビフォーはうねうねの髪質なのにアフターはツヤツヤでまっすぐな髪の毛の写真がたくさん出てきます。

ビフォーの写真はありのままなので納得。

しかし、アフターの写真にはカラクリがあるのではないかと、美容師の私でも見たままの写真を信じられない。。。と思いきや。。。。

あの信じられないツヤツヤはこちら

 

なぜ “ 髪質改善トリートメント ” と呼ばれているものが、あんなにもストレートになるのか!!

ストレートパーマや縮毛矯正の薬剤が少し混ざっている髪質改善だからです!!

 

しかし、大きな違いが1つあります。

 

  • ストレートパーマや縮毛矯正は1液で髪の毛を柔らかくし、ストレートアイロンなどで髪の毛をまっすぐにした後に、2液をつけて髪の毛を固定します。
  • 髪質改善トリートメントは1液のトリートメントをつけたら、ストレートアイロンで髪の毛をまっすぐにして施術は終わりです。
  • 施術は終わっても髪の毛はまだ不安定のままなので、24時間以上は自宅でシャンプーはせず、自然に髪の毛が固定されるのを待つ必要があります。

 

ストレートパーマや縮毛矯正は薬剤を2回使いますが、髪質改善トリートメントは少量の薬剤を1回使うのに、ダメージを負わないで髪の毛がまっすぐになるから、“髪質改善”と言われているわけだったんですね。

髪質改善縮毛矯正が気になる方はこちら!

髪質改善トリートメントのメリット

通常のトリートメントより髪の毛のクセやうねりが取れる。

髪の毛がサラサラ・ツヤツヤまっすぐになる。

通常のトリートメントよりも長持ちする。

手触りが良くなると気分もハッピーになる。

 

髪質改善トリートメントのデメリット

トリートメントの中でも料金が高い。

  • 施術時間が長い。
  • 薬剤が入っているのでカラーが退色してしまう場合がある。

 

くせやうねりが強い髪質だと、1回の髪質改善トリートメントではまっすぐになりきらない場合があるので、3か月や4か月に1度髪質改善トリートメントをすることで、徐々に髪質を改善することが可能です。

 

髪質改善の時、薬剤の力を借りることは悪いことではないと私は考えます

 

美容室によってもメニュー名の付け方や呼び方が違うので、「思っていたのと違うかも?」とならないように、事前にメニューや施術内容の確認をしたり、口コミを確認することも必要かと思います。

でないと逆に髪質が悪くなるかもしれません。

IDEAL美容室の髪質改善メニューはこちら

 

セルフケアも怠らないでください。

美容室でトリートメント・髪質改善トリートメントをしたからと言って、セルフケアを怠らないでください。

https://ideal-hairsalon.com/1589.html

顔にメイクをするように、髪の毛にも洗い流さないトリートメントをつけて保護してあげてください。

すっぴん髪の毛のままだと、紫外線や静電気のダメージをダイレクトに受けて、トリートメント・髪質改善トリートメントの効果が長続きしなくなりますので…。

 

髪質改善トリートメントについてのまとめ

  1. 薬剤が少し混ざったトリートメントだった
  2. 薬剤を使う回数が少ないのでその分ダメージレス
  3. 自宅でのシャンプーは24時間以上後に
  4. 髪質改善トリートメントにはデメリットもある
  5. セルフケアも怠らない

 

そして、重要なのはお客様の髪質・ダメージレベルをしっかりと判断し、施術を行うことができるかどうか、美容師の腕だと思います。

 

薬剤を作っているメーカーさんは、日々研究・開発をしてくださっていて、髪の毛により負担のない薬剤が増えてきています。

活かすもダメージさせるかも、美容師の腕次第といったところですね。

 

『こんなツルツルな髪今まで触ったことない。。。』この様な声を多く頂きます。

IDEALオリジナル髪質改善美髪メニュー

毎月100人以上が美髪を実感!【髪質改善美髪メニュー】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です